プリザエース

痔対策でプリザエース注入軟膏Tを買ってみました。

プリザエース
潰瘍性大腸園の症状が落ち着いたのはいいのですが、乳酸菌の威力からか、もともとの体質からか便秘が続いています。便秘だけならいいのですが、便が硬くなるため排便時にもともと古傷の痔を傷つけたらしく、痔が再発。めっちゃ痛いです。痔は肛門少し入ったところの切れ痔っぽい。

だんだん痛みが増してきて、排便時の痔の痛みが恐怖ぎみに・・・(^^;。

 

で、病院に行く勇気もないので、というか行っても痔の薬を出されるだけでしょうから、てっとりばやく痔の薬を買ってみることに。

今までは痔を我慢して自然に治ったりしてた感じなので、初痔の薬購入です。

 

ネットで調べて、ボラギノールとプリザエースが候補に上がりましたが、どちらもそれほど違いはないっぽいですね。

 

で大正製薬のプリザエースの注入軟膏Tを購入することに決めました。

でドラッグストアに買いに行ったら・・・ネットで見たのが1000円ぐらいなのに、1300円・・・高い!

ネット通販もすぐ送ってくる感じなので、今回はヨドバシ.comの通販で買うことに。

というか、ヨドバシ通販は痔の薬まで売ってるんですね・・・。

 

プリザエース

購入した翌日に送られてきましたよ。

プリザエース

箱の裏の記載。

【成分】

ヒドロコルチゾン酢酸エステル/塩酸テトラヒドロゾリン/リドカイン/l-メントール/アラントイン/トコフェロール酢酸エステル/クロルヘキシジン塩酸塩/

【添加物】

流動パラフィン/ミリスチン酸イソプロピル/サラシミツロウ/カルボキシビニルポリマー/オリブ油/ワセリン

 

プリザエース

注入用の容器が一箱に10個入っています。

 

プリザエース

これが、注入容器。使ったことないですが、イチジク浣腸の小さい感じ!?

15歳以上1日1~3回使用が推奨となっています。

最初は寝る前と、翌日排便に行きそうな数時間前に注入しておくといいかもです。

 

実際の注入は、ペンタサ座薬の注入で慣れていますので、簡単でした。

最初に薬を少し先から出しておいて、それを肛門部に塗る感じで入れればスムーズですね。

で、使い心地ですが、メントール成分が入っているため肛門がスースーしますがこれはけっこう爽快ですね(笑)。

 

で、肝心の痔への効果ですが・・・・。

 

・・・。

 

治りました!

まあ、そんなに酷い痔ではなかったんでしょうけど、排便時に痛むかどうか心配しつつ出しましたが、うまく痔の箇所をクリア。

傷口(痔)の回復も薬の効果で早くなる気がしましたね。

もっと早く使っておけばよかった。この分野の研究が重ねられた薬の効果はすごいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です