独身40代男女同士は結婚しない理由

世の中では、40代の独身男女は結婚をしたがっている、という固定観念にしたいようだが、現実的にみると40代ではもうとっくに結婚をあきらめている。結婚したい男女がを結婚を焦るのは30代中盤ぐらいだろう。女性はもっと早い年齢かも知れないが。そして40代ではすでに諦めの境地と一人で生きていく腹積もりが始まっています。

では、なぜ40代の男女はもう結婚をあきらめるのか?

そんなの40代まで独身だったらもう結婚は年齢的に無理だと諦めるからだろう。そのとおりで、20歳から20年間も結婚できず(その機会がなく)、年齢的におっさん・おばさん(若者からはじじ・ばばとまで)と言われる年齢になったのだから、それはもう無理だとほとんどの人はわかっています。40代で婚活している人は例外的な一部なので、そのようなごく一部の例外的男女を基準に言っても仕方ないでしょう。

40代は結婚をあきらめているのだから、そのまま生涯未婚になっていくのは当たり前です。よく40歳で独身の人が50歳までに結婚できるのはなんと1~2%だけです!みたいな数字をメディアはあげますが、そもそも結婚しようとしている人がいないので、そのまま50歳でも独身なのは当たり前のことです。

40代で結婚は無理だとわかる客観的現実

40代になると、年齢的に結婚の障害になることが多々生じてきます。

たとえば、男性の場合が結婚相手が30歳以下を望むというか、本能的に若い女性にしか興味がないという人が大半ですが(これは本能的に仕方ありません)、40歳を超えると20歳代の女性からはただのおっさんとしか見られません。つまり結婚したい若い女性からは結婚対象とは見られない訳ですから(男性のほとんどはこれがわかっています)、結婚のしようがない、つまり結婚できないことを悟るわけです。もちろん、異性に対してアピール力がないことも40代独身という客観的事実から身につまされます(ほとんどのモテない男性は30歳ぐらいからとっくにモテないことを自覚してますが)。

女性の場合でも、年齢による異性へのアピール力が減少していることには年々悟っていくでしょうし、出産の問題もあります。同年代の低スペックの男でさえ、自分を全く女として見ていないという女性としては決して認めたくない冷徹な現実を目の当たりにするかもしれません。

そして、男女共に感じることだと思いますが、結婚したいと思える異性はとうの昔に結婚しているというこです。「もう残っていない」、「タイミングを逃した」、「時既に遅し」という、悲しくもあり自業自得でもある現実に気づかされているのです。そして、悪く言えば、自分も含めて(結婚対象としては)つまらない男女のみが残っているのが現実だと。

 

では、40代同士の男女が結婚しないのか?

よく言われることですが、40代の未婚男女同士がくっつけばいいのではないか?

余り物同士がくっつけばうまくいくのでは?

などと無責任に言う方がいらっしゃいますが、それは絶対にありません。

結婚したいと思われる魅力がないから(これは悪いことではありませんが)、40代まで未婚だったのに、その魅力が無い者同士がなぜお互いに結婚しようと思うのですか?

結婚に関しては、結婚したいと思う相手でなければ意味がないのであって妥協などはありません。高望みもなにも、結婚したいと思う相手としか結婚できないのは事の道理です。逆に結婚したくない相手と結婚しても何の意味も無いでしょう。

「自分は魅力のない30点の男だから、同じく魅力のない30点の女性と結婚しよう!」なんて思うわけはないのです。(※点数は比喩ですよ)

「自分は30点だから、結婚したい70点の女性とは結婚できない。」

「結婚したいと思う相手とは結婚できない。それなら結婚は諦めよう。」

これがほとんどの40代未婚男女の本音と現実です。

※客観的に無理なのに婚活や結婚相談所にお金を貢いでいる一部の男女の例外は置いておきます。

別に結婚しなくてもとりあえず生きていけるわけですから、望む結婚ができないなら独身で生きるのも仕方ない、と考えるのはごく自然なことです。

独身40代男女同士が結婚しないのは、まさに当然のことなのです。

 

別記事で書きますが、晩婚化が止まらない以上、非婚化はこれからも進んでいくでしょう。生涯未婚率が3割になるのは時間の問題となっていますが、私は、時代の流れが変わらないのなら未婚率は半数5割にに近づいてくと考えています。みなさんはそれが信じられますか?

皆婚時代が成立したのは、結婚しなければ女性が生きていけないという社会的・経済的な束縛のあった一時代の話。現代にそれを前提に考えるのは、時代錯誤も甚だしいことになるでしょうね。

 

人生は考え方次第。「しあわせのかたち」は様々。

「結婚して幸せな生活」というのも一度は目指したい道ですが、たとえそれが不可能とわかっても、幸い世の中には人生を満たす楽しみが溢れています。

世の中やネット上には、マーケティング目的(ブライダル業界・不動産・車・子供用品などなど)で独身男性・女性を煽る、貶める記事が溢れていますが、気にする必要は全くありません。

結婚はもはや、人の人生において全てではないのです。

未婚の40代男女は、結婚以外で自分の人生を愉しむ新たなスタートラインに立ったと自覚できれば、きっと幸せな人生を送れるでしょう。

まさに、「人生万事塞翁が馬」なのです。

 


4,679 ビュー

2 comments

  1. 大変客観的で的確な記事だと思います。
    世の中にはこうした客観的事実に基づかない記事、つまり非モテ男性を
    いたずらに煽るだけの無責任にして無神経な記事が多く壁栄していました。
    今後、当事者や社会がどのように処していくかはともかく、こうした事実を
    基礎にして考えていかなければ話が始まらないと思います。
    ありがとうございました。

  2. これは男女平等に気を使った記事ですが
    現実には40代女性では子供できないですから男女で同じではありません。
    もちろん例外的にですがモテる男性が同年代を選ぶ理由はほとんどありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA