一生お金に困らない方法の話のWEB広告を最後まで聞いてみた話。

一生お金に困らない方法を知りたくなる1時間30分もの広告?

Youtubeでよく流れている一生お金に困らない方法の話の広告。

よく見たら、時間のところが1時間半!どんだけ長い広告やねん(笑)。

これは相当凝って話の流れを組み立てて、買わせる広告を作ってるのだろうな?

こういう詐欺気味の商材を全く信用していな私でさえ、広告を最後まで見れば「これは儲かるかも!」となるのか?

と気になったので、作業の傍ら最後まで聞いてあげましたよ(´∀`)。

 

ちなみに、簡単に誰でも儲けられる方法の商材なんてこの世にありませんよ。少なくと100%言えることは、そんな商材が宣伝販売されることはありえません。その理由は最後に書きますが。

 

実際の動画CMの内容

この儲かる商材の動画広告は、画面には基本文字が出るだけでナレーションが主体の広告です。

話の筋は、体を壊して働けなり、家族を養うにも老後にも経済的不安だらけになった男性が、この方法を知って、一生お金にも困らなくなった!という話です。

不安を煽って、この方法を知って、みなハッピー!という古典的な商法。

で、具体的にお金を儲ける方法とは・・・、

株の儲け方の手法の話・急上昇する銘柄を知る手法といった類のものです。

在り来りな商材そのまんまやん(笑)

そして、結論から書くと、

どんな方法かは、私が書いた本(3万ぐらい)を買えばわかるという落ちです。

 

広告の途中では、よくある儲け体験談がふんだんに出てきます。

「儲かりすぎてびっくりしました!先生ありがとう!!」

↑こんな古典的な煽りを入れるのことが、未だに広告洗脳上は効果的なのだろうか?www

広告洗脳学があるとすれば、成功例をあげて信じ込ませるなんて古くてカビが生えた手法では(笑笑)。

 

CMを最後まで聞いた感想

さて、1時間半という超長丁場のこのCM、最後まで聞きましたが(後半1/3は、書店の株式本で書かれているような株式銘柄の選び方の抽象論に終始していますが)、まったく騙されませんでした。この方法なら儲かるかも?なんて心境の変化は微塵もなし。逆にこんな動画広告に金かけて大丈夫?赤字じゃないの?と思いましたよ。

最後は一生懸命、株取引で儲かった実績数字(何の信憑性もない)を表示して宣伝してるんですが、なぜ儲かってるのにYoutubeで必死に本を宣伝してるんだ、お前?

 

株式で必ず儲ける手法を発見したウハウハな個人投資家なのに、その手法を書いた本を必死に宣伝しているという笑い話。

 

まず引っかかる人いないと思いますが、1000人いたら確率論で1人はひっかかって買っちゃうんでしょうね。/人/。もしかしたら本当に儲かるかも?とか考えてしまう思考が弱い人。そういう人間のために餌を仕掛ける商法なんだろうな。

なお、問い合わせ無料・資料無料請求なども申し込んではダメですよ。メールアドレスを取得されることも、金融商品に関心のある顧客メールリストなどの情報として売られて、こういう業者の利益になりますからね。

迷惑メールもそうですが、儲かる・お金上げますメール全てスルーです。

 

おっと、書き忘れていました。というかもう言うまでもないですが・・。

 

なぜ簡単に儲かる商材を必死に宣伝して売っているのか?

答えは簡単です。

宣伝していること自体が真実を物語っているのです。

商材の方法では利益が割に合わない、儲からない、損をするので、商材を必死に売ったほうが儲かるからです。

つまり儲かる商材などその程度。儲かる商材の販売など理論破綻してるのです。

簡単に儲かる方法を見つけたらその方法で儲け続ければいいだけの話です。商材にしてそれを売って儲けよう!なんてなりません。だって、簡単に儲かる方法を見つけたのだから(笑)。

 

もし仮に簡単に一生儲かる方法が世の中にあったとしても(そんなものはありません)、ただそれを続けるだけで人に教えたりしませんよ。


1,013 ビュー

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA