「別居婚」という新しい結婚の選択

未婚が普通の時代、非婚時代到来というのも時代の流れで、そうなっていくのは当然です。ですが、それはそれとして、逆に結婚の形も時代の流れ(人の価値観や生活スタイルの変化)の影響で変わっていくのじゃないか?いや、変わらないとおかしいんじゃないのか?という考えがあります。

結婚するかしないかの二択では、「結婚」の内容が、新しい住居に住んで、子供を育てて・・・みたいなステレオタイプな「結婚」概念を想定しますが、もっと結婚の内容にも多様性がでてくるのではないか?と。

この新しい結婚スタイルの一つとして、私は「別居婚」が増加してくると予想しています。

別居婚?

「別居婚」とは、最初から夫と妻が別居している状態を前提での結婚です。

結婚しているけれど、基本それぞれ別の住所に住んでいる。

 

そんなの結婚の意味ないんじゃ?って思いますか?

それは完全の古い結婚観に囚われていますね、つまり頑固なじいさんが「結婚は~じゃないとおかしい、認めん!」みたいな。

 

結婚にも当然良い面と悪い面があります。

悪い面というのは、本来、生活環境の違う赤の他人が一緒に住むというところに元凶があります。

好きどうしで結婚しても、一緒に生活するといろいろな面が見えてしまします。価値観の違いにイライラしたり。

しかし、基本別居してれば、その面でのストレスが少なくなります。

また、結婚しても共働きが普通になってくるとすれば、子育ての問題が出てきます。

この点、別居婚で妻が実家に住んでいるとしたら、子供を親(おじいちゃん・おばあちゃん)に看ててもらえるというメリットがあります。妻にしても居心地のいい実家に結婚後も住んでいられるわけです。

夫側にしてみても、結婚後もある程度自分の趣味の時間が取れたり、自由な空間が確保されるわけです。

 

別居婚・・いいことずくめだと思いますが。

まあ、今はまだ結婚相手に「別居婚しよう!」なんて言ったら「はあ??」って返されるかもしれません。

私は別に別居婚を勧めているわけではありません。

だた、「別居婚といの結婚観」が正しいとか間違っているとかではなく、時代のニーズに合っているのなら増加していくだろう、という考えです。私は増えていくと思っていますけどね

 

 

 


コメント