伊勢谷友介、大麻所持で逮捕、止まらない芸能界の薬物汚染

芸能人と薬物犯罪

毎年のように定期的報道される芸能界・芸能人の薬物所持・使用逮捕のニュース。

2020年9月には、俳優の伊勢谷友介さんも自宅に大麻を所持していたとして逮捕されてしまいました。

なぜ、幸せなはずの芸能人が薬物に手を出すのか?

というのは一般人誰もが思う疑問ですが、お金を持っている芸能人は薬物の買い手にするには絶好のターゲットになるのかもしれませんね。

芸能界に反社会的組織が侵食していることは、ただの噂でもなく、海老蔵事件をはじめ既成の事実からもはやまぎれもない事実となっています。とある組織は力が弱まったなどといわれていますが、それでも関係が切れるということはこの先もないのでしょうね。

 

芸能人逮捕の歴史

有名な芸能人の逮捕歴は下記になります。

  • 1988年1月 尾崎豊 覚醒剤取締法違反で逮捕。
  • 1995年1月 長渕剛 大麻取締法違反で現行犯逮捕
  • 1999年8月 槇原敬之 覚せい剤を自宅に所持していたとして覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。2020年にも覚せい剤所持により2度目の逮捕。
  • 2001年 田代 まさし 覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。その後も複数回の逮捕
  • 2006年5月 大森隆志(おおもり たかし・元サザンオールスターズのメンバーで2001年に脱退済み) 覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で妻と共に逮捕される。懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決が下される。
  • 2007年10月 赤坂晃(あかさか あきら・元光GENJI) 覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕。その後2009年にも覚醒剤取締法違反(使用)で2回目の逮捕。2回目の逮捕では懲役1年6月の実刑判決が確定。
  • 2008年10月 加勢大周 覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)で逮捕。同懲役2年6ヶ月、執行猶予3年の判決が確定。
  • 2009年8月 酒井法子 自宅に覚せい剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反容疑で逮捕
  • 2009年8月 押尾学 合成麻薬MDMAを服用したとして麻薬取締法違反で逮捕。保護責任者遺棄致死罪と合わせて懲役2年6月の実刑判決が確定。
  • 2009年 小向美奈子 2008年度に微量の覚せい剤を所持していた疑いで覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕。懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が確定。
  • 2014年4月 ASKA(CHAGE and ASKA)覚醒剤取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕。その後に覚醒剤取締法違反(使用)の罪でも起訴され、懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定。
  • 2015年10月 高部あい(女優・オスカープロモーション所属)コカインや向精神薬の所持で麻薬及び向精神薬取締法違反(所持)の容疑で逮捕。最終的には起訴猶予処分。
  • 2016年2月 清原和博 自宅に覚せい剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反で逮捕。懲役2年6か月・執行猶予4年の判決が確定。
  • 2016年6月 高知東生 覚醒剤と大麻所持の容疑で逮捕。
  • 2017年5月 田中聖 (たなかこうき・「KAT-TUN」の元メンバー)大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕。
  • 2017年6月 橋爪遼(俳優・橋爪功の息子)覚醒剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕
  • 2019年3月 ピエール瀧(本名:瀧正則容疑者)をコカイン使用の容疑で麻薬取締法違反で逮捕
  • 2019年11月 沢尻エリカ 合成麻薬MDMAなどを所持していたとして麻薬取締法違反で逮捕
  • 2020年9月 伊勢谷友介 (いせやゆうすけ 俳優)自宅に大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで逮捕

 

芸能人の薬物事件と六本木

ちなみに、芸能人の薬物汚染と何らかの関連があると思わざるを得ないのが六本木。

・六本木のクラブで知り合いの外国人女性に勧められて(小向美奈子)

・六本木ヒルズのマンションの部屋(押尾学)

など、なぜか薬物犯罪の実行に六本木エリアが絡んでいることが多いのですよね。まあ、芸能人が集まりやすいお店が六本木に多いというのもあるのでしょうが。真相は一般人が到底知りえない闇の中に消えてしまうのでしょうね。

 

 

 


コメント